記事

米金利上昇でハイテク株に買い

おはようございます。 NY株式市場は、パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の経済シンポジウム講演に注目が集まるなか、指標となる米10年国債利回りが低下したことで、アップルとマイクロソフトが1%超、アマゾン・ドット・コムとアルファベ...
記事

米長期金利上昇で米株下落

おはようごうざます。 NY株式市場は、米連邦準備制度理事会(FRB)が積極的な金融引き締め姿勢を維持すれば景気悪化を招くとの警戒感が根強いなか、米ワイオミング州ジャクソンホールで今週開催される経済シンポジウム(ジャクソンホール会議)...
記事

米小売り大手ターゲット決算悪化で市場圧迫

おはようございます。 NY株式市場は、米小売り大手ターゲットが発表した第2四半期決算が予想を超える90%の減益となったほか、既存店売上高の伸びも予想に届かなかったことから市場を圧迫、ただ米連邦準備理事会(FRB)が公表した7月の連邦...
記事

ウォルマート・ホームデポ好決算

おはようございます。 NY株式市場は、好決算を発表した小売大手ウォルマートと住宅用品販売のホーム・デポに買いが入り、NYダウとS&P500が上昇する一方、ナスダック総合は金利上昇を背景にハイテク株の下落が重しになりました。 投資家の...
記事

米国債金利低下で大型グロース株上昇

おはようございます。 週明けのNY株式市場は、8月のニューヨーク州製造業景況指数が総合で前月から悪化し、米景気をめぐる懸念が強まり売り先行で始まったが、売りが一巡すると米国債金利の低下を眺めてアップル、マイクロソフト、テスラといった...
記事

7月米卸売物価指数依然高水準

おはようございます。 NY株式市場は、7月の卸売物価指数(PPI)が前月比で予想外に低下したことを受け、S&P総合500は一時約3カ月ぶりの高値を付けたものの、7月の消費者物価指数(CPI)同様に高水準にあるとして、連邦準備理事会(...
記事

米消費者物価指数伸び鈍化で株上昇

おはようございます。 NY株式市場は、前年同月比で鈍化した7月消費者物価指数(CPI)の発表を受け、米インフレ率が鎮静化し、連邦準備理事会(FRB)は予想ほど積極的な利上げを行わないとの見方から国債利回りが低下、これを受けて大型グロ...
記事

マイクロン・テクノロジー軟調な業績見通し

おはようございます。 NY株式市場は、米半導体大手マイクロン・テクノロジーが発表した軟調な業績見通しを受け、半導体株やハイテク株が売られ、ナスダック総合が1%超の下落となりました。S&Pの主要11セクターでは一般消費財が1.5%安と...
記事

米主要株価指数横ばい

おはようございます。 NY株式市場は、半導体大手エヌビディアの第2四半期売上高が前期比で19%減少するとの見通しを示し、同社株は6.3%安となったが、市場は10日発表の消費者物価指数(CPI)を控えた様子見から、主要株価3指数はほぼ...
記事

上海ショック時の急騰に酷似

東京市場は、前週末の日経225先物夜間取引の軟調な動きを引き継ぎ、また今週はお盆休みに入ることから様子見ムードもあり、方向感のない動きが予想されます。 先物月足テクニカルは、上海ショック時の形状と酷似しています。 熱くなり...
タイトルとURLをコピーしました