記事

日経平均2万8000円台しっかり回復

前場、お疲れさまです。 日経平均は、前日の米主要株価3指数がまちまちとなり軟調に始まったが、好決算銘柄が物色されてプラス圏を回復すると、米株価指数先物が堅調に推移するのを眺めて上げ幅を拡大、前日比199円高の2万8131円で引けま...
記事

堅調な米経済指標と良好な決算発表

おはようございます。 NY株式市場は、米供給管理協会(ISM)が発表した7月の非製造業総合指数(NMI)が、供給のボトルネックや物価上昇圧力の緩和を背景に予想に反して上昇し、米経済が景気後退には陥っていないという見方を支える内容とな...
記事

ペロシ米下院議長台湾到着で緊張感

おはようございます。 NY株式市場は、ペロシ米下院議長がこの日の夜に台湾に到着し、声明で台湾に対する米国のコミットメントがこれまで以上に重要だと強調、一方、中国は台湾海峡の平和と安定を著しく損なうと非難、これを受けて地政学的な緊張が...
記事

米経済指標が景気減速を示唆

おはようございます。 NY株式市場は、製造業や建設業に関する指標で景気減速が示唆され、また原油先物が需要を巡る懸念から急落してエネルギー株を圧迫、S&P500エネルギー指数は主要11セクターの中で最大の下落率となり、主要株価3指数は...
記事

米GDP2四半期連続縮小

おはようございます。 NY株式市場は、第2四半期の米国内総生産(GDP)が2四半期連続で縮小したことを受け、米連邦準備理事会(FRB)が一部の想定ほど積極的に利上げを行う必要はないとの観測が広がり、米10年債利回りが低下すると、それ...
記事

FRB 0.75%利上げ決定

おはようございます。 NY株式市場は、マイクロソフトの売上高見通しやグーグルの親会社アルファベットの好決算を受け、企業業績への期待が高まりナスダック総合が強含みに推移するなか、米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が連邦公開市場委...
記事

米小売大手ウォルマート利益見通し下方修正

おはようございます。 NY株式市場は、7月の消費者信頼感指数が約1年半ぶりの低水準を記録したことが重しとなるなか、小売大手ウォルマートが通年の利益見通しを下方修正したことを受け、小売り関連株が売られて市場を圧迫、主要株価3指数は下落...
記事

FOMC声明発表を控え様子見

おはようございます。 NY株式市場は、週央の米連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げが予想されているほか、大型グロース株の決算発表を複数控え、NYダウとS&P500が一進一退で推移した後、ほぼ変わらずで取引を終える一方、ナスダック総...
記事

欧州中央銀行大幅利上げ

おはようございます。 NY株式市場は、欧州中央銀行(ECB)がこの日の理事会で、主要政策金利を0.5%引き上げ、引き上げ幅は前回の理事会で示唆した0.25%の倍となり、これを受けてリセッション(景気後退)への警戒感が台頭、また通信大...
記事

米主要株価3指数続伸

おはようございます。 NY株式市場は、動画配信サービス大手ネットフリックスの第2四半期の契約者数が自社予想より小幅な減少にとどまり、また第3四半期にはプラスの伸びを回復するという見通しを示し7.4%高になると、これを受けてアップル、...
タイトルとURLをコピーしました