記事

米長期金利上昇に一服感

米10年債金利は、FRBの積極的な金融引き締めにより上昇してきましたが、週足テクニカルは目先のピークアウトを暗示しています。
記事

NY銅先物急落続く

NY市場株価上昇の要因でもある銅の先物価格が急落しています。 米国の利上げ加速によるリセッションや中国のコロナ感染による景気低迷が影響しています。 長期足テクニカルもしっかり下げを暗示し、コモディティー商品のピークアウトを感じさせ...
記事

米主要株価3指数大幅高

おはようございます。 NY株式市場は、銅や原油などのコモディティ商品価格がピークアウトし、最近発表の経済指標も悪化、これらを背景に米連邦準備制度理事会(FRB)が積極的な利上げ姿勢を強めるとの観測が後退し、S&P500の11業種全て...
記事

米主要株価指数反発

おはようございます。 NY株式市場は、FRBパウエル議長がこの日の下院金融サービス委員会の公聴会で証言し、約40年ぶりの高水準に達しているインフレ抑制に対するFRBのコミットメントは「無条件」と表明すると同時に、積極的な金融引き締め...
記事

NYダウ小幅安

おはようございます。 NY株式市場は、パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が上院銀行委員会の公聴会で、急速な金融引き締めで米国がリセッション(景気後退)に陥る可能性があるとの認識を示した一方で、現時点でその可能性が高まっているとの...
記事

米主要株価3指数・2%超の反発

3連休明けのNY株式市場は、主要各国の金融政策イベントを通過したことで、市場を圧迫していたリスクオフムードが一服し、アップル、テスラ、マイクロソフトなどの大型成長株やエネルギー株に買い戻しが入り、S&P総合500種は主要11セクターが全て...
記事

日経225先物夜間取引反発

おはようございます。 日経225先物夜間取引は、NY市場が休場のなか、米株価指数先物が3万ドル台を回復する堅調な動きを眺めて、前日比210円高で取引を終えました。 日足逆張りオシレーターは、底打ちを暗示する形状です。 ...
記事

ドル円相場下振れ調整の終わり

おはようございます。 きょうの東京市場は、日米の金融政策イベントが終わり、市場に安心感が広がり、前週の大幅安の反動や円安で強含み展開が予想されます。 ドル円相場は、下振れ調整が終わり再び135円台に入り、テクニカルは上昇トレ...
記事

ドル円相場調整下振れの終わり

ドル円相場は、日銀が大規模金融緩和の維持を決定し、黒田日銀総裁は「急速な円安は経済にマイナス」と牽制したが、市場は日米金利差の拡大から金利収入が見込めるドルを買い、円を売る動きが加速し、134円88銭に上昇、テクニカルは下振れの終わりを暗...
記事

WTI原油先物急落

WTI原油先物は、主要国中央銀行の利上げによる景気後退で、エネルギー需要が減少するとの懸念から、WTIの中心限月7月物は一時108ドル台に急落です。 日足は雲の上限で下げ止まり、調整の終わりをイメージさせますが、週足は上昇相場の終わ...
タイトルとURLをコピーしました